CONCEPT

FLOW

家づくりの流れ

家づくりの流れ

 夏のパッシブデザインに欠かせないのが、灼熱の太陽から家を守る「日射遮蔽」の技術です。外気温が35℃の日に冷房をかけなかった場合、一般的な断熱性能の家は室温が42℃まで上昇したのに対し、パッシブデザインの家は35℃。自然のエネルギーとしっかり向き合うだけで室温に7℃も差がでることは、あまり知られていません。

 立体通風とは、暖かい空気が上昇する性質を利用して立体的に空気の通り道をつくること。パッシブデザインの家に用いられる代表的な技術の一つです。
 家の中に風が通ると、滞留した空気を逃してくれるのはもちろん、肌にやさしい風が当たることで気化熱が奪われ体感温度が3℃下がると言われています。

 冷房は、室温を下げ始めるときが最もエネルギーを必要とします。当然ですが、40℃から35℃下げるのと、35℃から30℃に下げるのでは電気代が全く違います。  岡山市で行われたシミュレーションでは、パッシブデザインと平均的な新築の家とでは、1シーズンの冷房費が半額以下になるという検証結果が出ています。

 冬のパッシブデザインの基本は、どれほど太陽エネルギーを取り入れて、そのエネルギーをどれほど逃さずにいられるかに尽きます。冬の晴れた日に、南側についた一般的な掃き出し窓(面積3.6㎡ほど)から室内に入ってくる太陽熱は約2000W。その熱量は、電熱線のついたシンプルな電気ストーブ2台分に相当します。この熱量をうまく使えるかどうかで、室温がどれほど変わってくるかを想像するのは簡単なはずです。

 パッシブデザインの肝は、なんといっても断熱性能です。夏は、熱い空気を外から中に侵入させない役割を果たしていた「断熱」ですが、冬は暖かい空気を外に逃さない役割を果たしてくれます。自然の力を取り入れる設計は知識があれば可能ですが、夏は熱を逃し、冬は熱を取り入れるというバランスにこそとても高度な技術が詰まっているのです。マリソンホームでは真夏でも35℃以下(無冷房時)、真冬でも15℃以上(無暖房時)を基準値に定めています。

 最近ではパッシブデザインに適した特殊な材料が登場していますので、それらを使用すれば家の性能は確実に高まります。しかし、パッシブデザインにおける重要なことのほとんどが、建物の向き、窓の位置や面積のバランスといった、設計段階で決まってきます。とある東京の家では特殊な工事を必要としない設計の工夫のみで、暖房費を30%カットできるという結果がでています。

交通事故より怖い、寒い家。

 家が安全であることは当然のこと。しかし、本当に安全かどうかを考える機会はあまり多くないと思います。

日本では、年間1万9000人の方が温度の急激な変化によるヒートショックで命を落とされています。これは、年間の交通事故で亡くなる方(約4500人)と比べても、とても大きく怖い数字です。また近年では室内での熱中症も大きな問題となっており、住まいの温度管理が人の生死に直結すると言っても決して大げさではありません。だからこそ私たちは、パッシブデザインに強いこだわりを持っています。

屋外より怖い、夏の室内。

 年間に70,000人以上が救急搬送されている熱中症。熱中症を発症した場所別の割合は、敷地内全ての場所を含む「住居」が40.3%で最も多く、2位の「仕事場」10.8%を大きく引き離しています。近年では、自治体などが室内での熱中症にも注意を呼びかける傾向が高まってきつつありますが、今後、夏場の気温が更に上昇することが予想されるため、「熱気がこもらない家「涼しい家」の重要性は高まっていくと思われます。

快適へのこだわりと、覚悟。

 マリソンホームは、年間6棟限定で家づくりを行っています。これは、お客様の「快適な住まい」「快適なくらし」と真摯に向き合ってきた私たちなりの決意と覚悟です。熊本のパッシブデザインなら、ぜひマリソンホームにお任せください。

住まいのご相談はこちら

FAQ

PASSIVE DESIGN

快適まるだし。

パッシブデザイン

 マリソンホームがおすすめする「快適な家」は、真冬の寒い日でも室温が15℃以上、真夏の猛暑日でも35℃以下。さらにトータルコストも安い。科学に基づいた快適な住まいは、パッシブデザインと呼ばれています。

快適な家ってなんだろう。

「快適な家」と聞いて、どのような住まいを思い浮かべますか?
それは、広々とした間取りの豪華な家かもしれませんし、細部までデザインにこだわったおしゃれな家、あるいは、とにかく価格や維持費を抑えた無駄のないリーズナブルな家かもしれません。人の数だけ理想の住まいがあり、家族の中だけでも、意見を一つにまとめるのは簡単ではありません。

だからこそ私たちは、すべてのご家族にご満足いただける住まいを追求し続けてきました。そして、マリソンホームはようやく「快適な家」のひとつの答えにたどり着きました。

まずは
不満が少ない家を目指す。

 家は人生で一番大きなお買い物。もちろんご家族の理想をたくさん詰め込んでいただきたいのですが、プロとしての経験上、まずは「どれだけ生活の中の不満(ストレス)を減らすか」を優先的に考えたほうが、住まいづくりはうまくいきます。毎日の些細な不満の積み重ねが、住まいに対する大きな後悔につながることがとても多いからです。

住まいは、この先30年、50年、大切なご家族の豊かな生活を受け止め、たくさんの思い出を積み重ねていく土台です。「長年快適に暮らせる家」という視点で見れば、実は、生活の中に潜む不便や不満と向き合うことこそ、快適な住まいへの近道なのです。

パッシブデザインという
「快適な住まい」のこたえ。

 より多くの方にとって不便や不満(ストレス)が少ない家ってなんだろう、と考えたときに私たち出会ったのが「パッシブデザイン」でした。パッシブデザインの最大の魅力は、トータルコストが低いのに、室内を一年中快適な気温に保ってくれること。自然エネルギーを利用するため、もちろん「エコ」や「省エネ」といった地球に優しいメリットもあるのですが、単純に、コスト面においても健康面においても、住む人が享受できるメリットがあまりにも大きいのです。

まずは、私たちが自信を持ってオススメするパッシブデザインをぜひ知っていただきたいと思います。その頃にはきっとパッシブデザインが、あなたの住まい選びの選択肢に加わっているはずです。

理屈の前に
知ってほしいこと。

 パッシブデザインは、「快適なくらし」のために科学的根拠をもって設計され、これまでに様々なデータが証明している快適な家です。
根拠を挙げながらひとつひとつご説明したいしたいところですが、お客様にとって最も重要なのは「暮らしがどう変わるのか」のはずです。ここに記載している数字やグラフはあくまでもシミュレーション上のものですが、パッシブデザインがどういうものか視覚的に、感覚的に知っていただく手助けになると思います。

パッシブデザインだと
夏がこんなに変わります。

もちろん冬も
ここまで変わります。

いちばん大事な、健康のこと。

お電話でのお問い合わせ

096-214-1815

受付時間 9:00~17:00(日曜日・祝日は休み)

〒861-8043

熊本県熊本市東区戸島西2丁目3-88

TEL:096-214-1815

FAX:096-214-1816

Web見積もり

説明家のご案内

Copyright © 2019 有限会社 マリソンホーム All Rights Reserved.

プライバシーポリシー